ドリナブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドーパミン不足!?

<<   作成日時 : 2009/11/06 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像筆のお話を致します。
只今、使用しておりますのは手前の筆「邵文炳(ショウブンヘイ)」さんという方の作だそうです。羊の首の辺りの一番擦れていないそれはそれは柔らかい毛で出来ております。

私の住む街は田舎ですが紙専門店があり書道用品も充実しておりそこのお店で開催された奈良の筆屋さんのフェアで勧められて買い求めたものです。

値段は8,400円少々高価でしたが…使ってみるとこれがまたイイ書き味!もう本当に練習するのが楽しくて、楽しくて…。

これを使う為に筆屋さんの言いつけ(使用した後は綺麗に墨を洗い流すこと、決して墨汁は使用せず一回一回墨をする事)を守って大事にしながら楽し〜く練習に励みました。
とにかく書く事が楽しくて仕方ないのです。

ところが先日お稽古に行ったとき先生に「柔らかい筆を使ってますね。」と言われてしまいました。お稽古場では書かずに持参したものを見て貰うだけです。それなのに先生には筆跡でお分かりになるようです。「出来ることならイタチの入った筆を使ってください。…前のはまだお持ちですね?」こうも仰いました。

(「ええっ…!?」)
これを聞いて私は意外でした。なぜならこの羊の筆はかなり柔らかくてある程度筆を自在に操るテクニックを持った者でないと使えないと思っていたからです。そこで私は先生に言ってみました。

「はい…でもこれが書き易くて書き易くて。」

そうしたら先生は「これを使っていると柔らかすぎるから真っ直ぐはらいたい時に真っ直ぐな強さが出ないからついつい手首を回してしまう…手首を使わずに書いて欲しいのです。」そしてその後「この筆は高価ですが、昔から書く者を酔わせると云いましてね…。」このように仰いました。

「書く者を酔わせる」…これだったのだ…私がとにかく書くのが楽しかったのは…。

愕然となりました。
きっと「ドーパミン」とやらが私の脳から出ていたのでしょう。ドーパミンは脳の快感物質だそうでこれを上手に使って勉強すると良いと仰る学者の方もいらっしゃいます。

もう、この筆が使えない…そのショックで毎日イタチの筆を手に取っては筆の進まない状態でイタチの筆をただ眺めております。

いい筆に頼らず、自分でドーパミンを出せるようにならないと…。

まだまだ成長しなくてはならない私でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
〜僕たちが奴隷!?〜    幸せを科学する12
僕たちは、なにかしらん、楽しみって持ってますよね。(^-^) ...続きを見る
マジで、いっつも幸せになる方法、お伝えし...
2010/06/13 09:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
blogram投票ボタン ←宜しければクリックお願いします。
ドーパミン不足!? ドリナブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる