ドリナブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 家事本あれこれ

<<   作成日時 : 2009/11/12 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像三日ぶりの更新です。
ここの所風邪をひいたのかずっと微熱が続いております。
それでも仕事は行っておりますが今日は少し横になっておりました。

一昨日、駅の売店で購入した雑誌です。
私にしては珍しく家事の本です。私は28歳で結婚したのですが結婚が決まって結婚するまでに丁度1年ありました。
私の親は考え方が少々古く、私に結婚が決まった時点で仕事を辞めて花嫁修業をする事を勧めました。今なら考えられない事でしょうけれど私も同意し、それまで殆ど家事を手伝った事が無かった私は、花嫁修業として母に代わり家事全般を1年やりました。

何でも研究するのが好きな私は、先ず、家事関連でどんな本が出版されているか調べました。とは言え今のようにインターネットも無いのですから、書店の「家庭、婦人」のコーナー、出版目録、図書館など様々な方法で調べ、下の2冊に辿り着きました。

『すぐする すぐすむ 快速家事』原田千津子著 文化出版局刊
『暮し上手の家事ノート』上巻・下巻 町田貞子著 婦人の友社刊


この2冊は家事本としてのアプローチは全く違い、『すぐする すぐすむ 快速家事』は当時ハウスキーピング教室・おもてなし教室を主宰していらした原田千津子さんが非常に合理的に家事をひとつの流れと捉え実にテキパキと家事をこなし大きな素敵な家を管理していらっしゃる様子を写真入でまとめていらっしゃいました。私はこの本から合理的にスピーディに家事をこなす大切さを学びました。

また町田貞子さんの『暮し上手の家事ノート』家族をこよなく愛する「妻・母」としての目線で四季折々の家事を詳しく楽しい町田さんのご家族の回想も交えながら方っていらして…家事というものはこのように愛情を持って行うもの事だと学びました。(その後、雑誌『婦人の友』で町田貞子さんがお亡くなりになったと知った時は…妻・母になる心構えとして大切な事を教わった町田貞子さんに、心の中で黙祷を捧げました。)(町田貞子さんは最近あまりお見かけしませんがテレビキャスターでいらした木本教子さんのお母様でいらっしゃいます。)

2冊ともその後結婚してからも手元に置き、専業主婦だった時代はバイブルのようにしておりました。
それ以外『ESSE』も『素敵な奥さん』も丁度その頃発刊され、研究熱心な私の周りは一時家事の本で埋めつくされておりました。

今は2冊とも実家の書棚に預けてあります。
もう何の本に頼らずとも読んだことは殆ど頭に入っておりますし、自分なりのやり方をどんどん考え、実は…私も自分で考えた家事のやり方の本を書きたいくらいに思うのですが、最近「家事本」…ご無沙汰でしたので一度買ってみようかと購入したのでした。

…花嫁修業をしていた頃が懐かしく思い出されます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、
お体、いかがですか?
微熱とはいえ、あまり無理をなさいませんよう。

時に、本当に、行動パターンが良く似ていらっしゃる、というか。私も持ってますよ「暮らし上手の家事ノート」若い頃は、参考にするというか真似をするというかぼろぼろになるまで、読みつくしていたものです。
懐かしいな、後で書棚から取り出して読み直してみようかしら?

では、また。。
ladynawa
2009/11/15 23:55
>ladynawaさんこんばんは
コメント有難うございます。…本当に笑っちゃいますよね。よく似た行動パターンで。
でもladynawaさんのような素敵な女性に似ているなんて嬉しい限りです。
またladynawaさんのブログにもお邪魔致します。
ladynawaさんもインフルエンザや風邪にはお気を付けくださいね。有難うございました。
pianoforte
2009/11/16 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
blogram投票ボタン ←宜しければクリックお願いします。
家事本あれこれ ドリナブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる